リーダーシップ

name

トム・ヴェルナー

代表取締役社長

トム・ヴェルナーは、2016年11月着任以来、ラムウェストンの代表取締役社長を務め、ラムウェストンの取締役会の一員でもあります。

代表取締役社長として、トムは、ラムウェストンの前親会社であるコナグラ・ブランズからのスピンオフとして組織をリードし、幹部リーダーシップチームの組織を形づくりました。そして、独立した組織としてあらゆる機能を築き上げました。トムのリーダーシップのもと、ラムウェストンは世界中における生産拠点を拡大させました。これは、自然な成長によるものと、フレンチフライに対する世界的なニーズの増加に遅れをとらないための、戦略的買収の両方による結果です。

トムは自身のキャリアを通じて、戦略的ソート・リーダーシップ、総括経営、財政面での洞察、そして、優れたチームビルディングの手腕によって、経営成績向上、およびラムウェストンでのビジネス遂行の原動力を促進してまいりました。本職就任以前は、コマーシャル・フーズの代表取締役社長、そしてコナグラのプライベートブランドにおける暫定社長を歴任していました。コナグラ・フーズのブランドにおける17年のキャリアを通じて、トムは、コナグラが要するコマーシャル・フーズおよびコンシューマー・フーズ オペレーティング部門において、増え続ける責務を全うしてきました。

ロックハースト大学(アメリカ・ミズーリ州・カンザス・シティ)にて、MBA(経営学修士号)を取得。また、セント・メアリー・オブ・ザ・プレインズ大学(アメリカ・カンザス州 ダッジ・シティ)にて、会計に重きをおいた理学士号(経営管理学)を取得しています。

name

ロバート・マクナット

上席副社長、最高財務責任者

2016年11月に上席副社長および最高財務責任者に任命されたロバート・マクナットは、2017年1月16日に就任いたしました。

弊社参画以前、ロバートは、製紙業のエクスペラ・スペシャリティ・ソリューションに在籍。そこでは、財務部の組織を刷新し、最高財務責任者としてこの新しい企業をスタートさせていくべく、あらゆる財政面をリードしました。エクスペラに参画する以前は、ロブはグライフ(Greif, Inc.)、およびボイシ(Boise, Inc.)にて最高財務責任者を歴任。財務部門の上級メンバーとして、取締役会やさまざまな外部財務機関と仕事を共にし、その豊富な経験から、ラムウェストンでの本役職に最適な人物として選ばれました。

ロブは、ワシントン州大学(アメリカ、ワシントン州)にて、会計学修士号、および文学士号を取得。

name

ミシェリーン・カーター

上席副社長、最高人事責任者

ミシェリーン・カーターは、2016年9月にラムウェストンの上席副社長および最高人事責任者に任命されました。ラムウェストンの人事部におけるあらゆる機能の責任者であるミシェリーンは、全体的なビジネスプランと企業の戦略的方向に基づいて、人事戦略を決定しています。

ラムウェストン参画以前、ミシェリーンはクラフト・ハインツ・カンパニーにてアメリカにおける人事のトップ、および、パフォーマンス&グローバル企業機能のヘッドを務めていました。人事関連のあらゆる領域で豊富な経験を持つ彼女は、MEMC電子材料、テキサス・インスツルメンツ、また、Yum! Restaurants Internationalといった企業で活躍してきました。

ミシェリーンは、ジョージア大学にて、理学修士号(組織開発)、および理学士号(人材開発)を取得。

name

エリック・J.・スパイテック

上席副社長、相談役、法務責任者

エリック・スパイテックは、2016年10月に上席副社長、相談役、および事務部長としてラムウェストンに参画。ラムウェストンの法務部門管理担当のエリックは、さらに、組織全体における戦略的、法務的、またコンプライアンス事項にもアドバイスをする立場にあります。

弊社参画以前は、ウィンストン&ストローン法律事務所にて、コーポレートパートナーとして従事していたエリックは、クライアントに複雑な財務面、管理面、および情報開示の課題におけるアドバイスを提供していました。それ以前は、ミード・ジョンソン・ニュートリション・カンパニーにて、副社長、次席法務顧問、そして、書記官補を務め、企業全体、および地域ごとの法務チームをリードし、独立したコンプライアンス能力の構築に貢献いたしました。また、シルバ有限会社において副社長、相談役、および秘書を務めました。

エリックは、ジョージタウン大学にて文学士号、ロヨラ大学シカゴ校・ロー・スクールにて法学士、そして、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスにて法学修士号を取得しています。

 

name

シャロン・ミラー

上席副社長、グローバルビジネス事業部長

シャロン・ミラーは、2016年にラムウェストンがコナグラ・ブランズから独立するタイミングで上席副社長、およびグローバルビジネス事業部長に任命されました。この役割において、彼女はラムウェストンの国内およびグローバルでのビジネスを監督しています。弊社の徹底したカスタマーリレーションズの責任者として、彼女は業界を先導する弊社の革新性を活用して、成長へ向けたパートナーシップを築いていくチームをけん引しています。

前職において、彼女はコナグラ マクドナルド ビジネス ユニットの担当でした。ここでは、彼女はコナグラがもつ最高の能力をグローバル顧客向けに適用しました。

コナグラでの在職期間中は、ラムウェストン欧州ジョイントベンチャーであるラムウェストン/Meijerのセールス部門における副社長など、様々な職を歴任いたしました。ラムウェストン/Meijerで、彼女は、総売り上げ、および純利益の両方において最高記録を打ち立てました。

シャロンは25年超のグローバルな経験を誇り、その分野は、セールス、顧客オペレーション、およびサプライチェーンと多岐にわたります。広範囲の国際的経験を誇る彼女は、ラムウェストンのグローバルカスタマーリレーションを管理するのに最適な人物です。

シャロンは、欧州でラムウェストン/Meijerに参画する以前は、アメリカとカナダにおけるラムウェストンでの主要なセールスそしてビジネスリーダーでした。北アメリカのフードサービスディストリビューションにおいて、複数のポジションを歴任してきました。 

シャロンは、グェルフ大学(カナダ)卒業後、ケロッグ経営大学院とシュリッチスクールオブビジネス(カナダ)の合同プログラムにてMBA(経営学修士号)を取得。

name

ジェラルド・シュフラー

上級副社長、最高サプライチェーン責任者

ジェラルド・シュフラーは、2019年8月に、ラムウェストンの上級副社長および最高サプライチェーン責任者に任命されました。彼は、ラムウェストンのグローバル規模での徹底したサプライチェーンに責任を持っています。

サプライチェーンにおいて25年以上の経験を誇るジェラルドは、最近ではモンデリーズ・インターナショナル社のグローバルオペレーションにおける副社長として活躍していました。モンデリーズ社在籍中は、サプライチェーン規模を最適化するための大規模なグローバル再構築プログラムを監督。これには、製造、カスタマーサービス、品質、ロジスティクス、健康、安全と環境、そして、革新の機能といった要素も含まれていました。この任務においてジェラルドは、世界中150以上の拠点と50,000人以上の従業員に対する説明責任を追う立場にありました。モンデリーズ参画の前は、プロクター・アンド・ギャンブル社にて20年以上就業。同社では、プラントオペレーションにおけるキャリアをスタートさせたのち、責任の増す多くの役割を歴任してきました。

メキシコ自治工科大学にてMBA(経営学修士号)を取得したジェラルドは、デラサール大学にて工業および機械エンジニアリングの理学士号を取得。

 

name

マイク・スミス

上席副社長、フードサービス事業、リテール事業、マーケティング事業、イノベーション事業部長

マイク・スミスは、2018年6月に、フードサービス事業、リテール事業、マーケティング事業、イノベーション事業の部長に任命されました。

2007年にコナグラ・フーズに参画以来、マイクは様々なポジションでリーダーシップを取ってきました。直近では、成長と戦略担当の上席副社長を担い、業界がけん引する革新、洞察を基盤とするマーケティング、そして絶え間ない企業戦略を打ち立て、ラムウェストンを率いてきました。その中で彼は、常に、研究開発およびマーケティングの組織を直接監督してきました。マイクはまた、ラムウェストン・リテールの副社長および本部長、プライベート・ブランズの副社長および本部長、そして、ラムウェストンのグローバルマーケティング部長として従事してきました。

ブリガムヤング大学卒業のマイクは、南メソジスト大学のエドウィン L. コックス・ビジネススクールでMBA(経営学修士号)を取得。